フィリピン留学では仕事をイメージしたロープレの練習をしてます。


こんにちは。超短期留学中の沙絵です。F2Fの料理が美味しすぎて、やや太りだしたことを実感してきましたが、完全な幸せ太りなので個人的には大満足しています。

あぁ。帰国まであと1日だなんて、正直残念すぎて泣けてきます。。

今回の私の留学は、誰がどう見ても超短すぎますが(笑)、少しでも意味ある時間にということで、日本人オーナーのジュンさんに私の仕事であるジュエリーに特化した授業を組んでもらいました!

私のお店には、たま〜に、ごくたま〜に外国人観光客が来るくらいで、正直ほとんど英語を要しなません。でも、そのたまにの外国人観光客をおもてなししたい!という気持ちを常に持っていたので、“どんな風にご案内するか?”を同じ部屋のteacherであるAngelaに教わっています。シチュエーションを考え、ロープレの練習です。

こういう個人的な気持ちに応えてオリジナルプログラムを作ってくれるのが、小さな学校の良いところだなぁとしみじみしています。早く日本でも英語で接客したいです!

まだまだわからないことだらけですが、音楽で英語を学んだり、休憩中にteacherと会話できたりして本当楽しい。英語を話したい欲が、ここに来た時よりも断然上がっています!

そんな私の一番印象に残った本日のphraseは、

“Sorry to make you wait”

“お待たせしてすみません”という、仕事でも良く使えそうな言葉です。

ラスト1日、食い残さないようにやり切るぞー!

20140814-014723-6443868.jpg